So-net無料ブログ作成
- | 次の10件

<ジャスダック>「アジア一の新興市場を」社長最後の会見で

 4月1日に大阪証券取引所に吸収合併されるジャスダック証券取引所の松本学社長は16日、最後の定例会見で「ベンチャー企業育成のノウハウを大証に引き継いで、アジア一の新興市場をつくる」と語った。松本社長は4月1日付で大証の副社長に就任。ジャスダックは10月、大証の新興市場ヘラクレスに統合される。

冬になると一日中真っ暗な町Inuvikに現れた人口太陽(動画あり)

写真拡大   これ、太陽じゃないんです。もちろん月でもありません。カナダの北極にあるInuvikという町に現れた100,000ルーメンの人口太陽なんですよ。Inuvikの冬は太陽が昇らない日もあって暗い日が多いけど、この日はつかの間だけど人口太陽で、いつもより長い日を過ごすことができたんです。素敵ですねー。これは、Tropicanaがスポンサーになって実施されたプロジェクトで、一連の活動がドキュメンタリー風に編集され、TropicanaのCMになっています。こんな風な。なぁんだCMかー。だから途中でオレンジジュース飲んだりしてるのね。と、素敵なプロジェクト感が減少してしまうかもしれませんけど...。大切なのは、大きなヘリウム気球のライトを取り付けるというシンプルなテクノロジーで、暗闇から抜け出せずにいる3500人の人達が光を得たってこと。老若男女、皆ハッピーな笑顔が素敵ですね。[Cream Global]−Brian Barrett(原文/junjun ) あわせて読みたい走査型電子顕微鏡であなたなら何を見る?MITのMedia Labが新しくなりました!チリ大地震でもビクともしない最新鋭天文台の雄姿

<前原国交相>4全総の高速道計画の縮小を示唆

 前原国土交通相は16日の閣議後会見で、1987年の第4次全国総合開発計画(4全総)で決められた全国1万4千キロの高速道路建設計画について、縮小する可能性を示唆した。さらに「(どこまで無料化するかを含め)すべての高速道路のあり方や運営方法は、年内をめどに整理をして示すことができると思う」と述べた。

Cookieからの刺客・藤末さくらが月刊ヤンジャンに登場

藤末さくら「脚色アリ」カット。(C)藤末さくら/集英社本日3月16日に発売された月刊ヤングジャンプ4月号には、Cookie(ともに集英社)にて「プライベート タイムズ」を連載中の少女マンガ家、藤末さくらによる読み切り「脚色アリ」が掲載されている。「脚色アリ」はモテるくせに未だ処女の27歳OLと、冴えない派遣社員との恋を描いたラブストーリー。藤末は月刊ヤングジャンプ初登場となる。ほかにも今号では、矢野隆原作、長田悠幸作画の新連載「蛇衆」がスタートした。原作の小説は第21回小説すばる新人賞受賞作で、舞台は室町末期。「蛇衆」と呼ばれる6人の傭兵集団の活躍を描いた戦国活劇だ。

神崎元公明代表、引退へ 自民離れ加速 坂口副代表も検討(産経新聞)

 公明党常任顧問の神崎武法元代表(66)=衆院比例九州ブロック=が、任期満了前に議員辞職し、政界引退する意向を固めたことが21日までに関係者の話でわかった。早ければ平成22年度予算案の成立を機に月内にも引退表明する考え。坂口力副代表(75)=衆院比例東海ブロック=も参院選後の引退を検討している。

 神崎、坂口両氏は自公連立政権を支えた象徴的な存在。

 公明党では、参院選で改選を迎える浜四津敏子代表代行(65)が引退表明したほか、太田昭宏前代表(64)も参院選への出馬を取りやめた。世代交代で党勢立て直しを図るためだというが、「自公連立の立役者が身を引くことで、民主党との関係改善への理解が得られやすくなる」(党幹部)との判断があるとされ、公明党の自民党離れはますます加速しそうだ。

 2月26日には都内のホテルで公明党の支持母体、創価学会の秋谷栄之助前会長、谷川佳樹副会長が民主党の小沢一郎幹事長と極秘に会談した。小沢氏は参院選で「自公の選挙協力をやめるべきだ」と強く求めたという。秋谷氏らはこの場での返答は避けたが、小沢、秋谷両氏は、今後も谷川氏が窓口となり、小沢氏サイドと協議を続けることで合意したという。

 神崎氏は元検察官で昭和58年に初当選。平成10年から8年にわたり代表を務めた。引退後は遠山清彦元参院議員が繰り上げ当選することになる。坂口氏は医師で昭和51年に初当選。小泉純一郎政権などで4年半あまり厚生労働相を務めた。

「邦夫の乱」いばらの道 与謝野、舛添氏、連携を否定(産経新聞)
<山岡国対委員長>外国人選挙権法案は今秋以降に先送り(毎日新聞)
日本IBM社員、ニイウスコー不正取引関与か(読売新聞)
生方副幹事長に辞任迫る=執行部批判を問題視−民主(時事通信)
逮捕の両親、鑑定留置=次男に食事与えず死亡−さいたま地検(時事通信)

無言で1万円札わしづかみ、大阪のコンビニに刃物強盗

 16日午前2時15分ごろ、大阪市西区西本町のコンビニ「ファミリーマート西本町1丁目店」で、男性店員(35)がレジ内の売上金を数えていたところ、店に入ってきた男がレジ上に置いてあった1万円札数枚を無言でわしづかみにし、さらにこの男性店員に刃物を突きつけ、男性店員が手に持って数えていた札も奪って逃走した。当時店内に客はおらず、男性店員にもけがはなかった。被害は約10万円で、西署は強盗容疑で捜査している。 西署によると男は20〜25歳とみられ、身長160〜170センチ。黒いフード付きパーカーを着てマフラーで顔を隠していたという。

雑記帳 地元産の材料使った白いカレー開発 石川・白山(毎日新聞)

 石川県白山市の有志でつくる「白山ふもと会」(076・255・5017)が、観光PRにと地元産の材料を使った白いカレーを開発。ホワイトデーの14日から販売する。

 中辛の「白山堅豆腐カレー」(473円)。地元産の絹ごし豆腐や豆乳、香辛料まで「白」にこだわり、インド料理店に「極意」を教わって半年がかりで完成させた。

 具はチーズのような食感の名産品、堅豆腐。同会の瀬川亮太さん(29)は「寄り添うエノキが恋人のよう」。バレンタインのお返しに贈れば、ひと味違う男になれる?【宮嶋梓帆】

公的懸賞金の適用事件・金額の決定方法は?(産経新聞)
<裁判員裁判>「強い殺意」被告に懲役16年 横浜地裁(毎日新聞)
「信長の命令で廃絶」示す遺構出土 奈良・筒井城跡(産経新聞)
矢刺さったシカ死ぬ=肺を貫通−奈良・春日大社(時事通信)
8億円超脱税で弁護士ら起訴 東京地検特捜部(産経新聞)

給与支払いで強制執行求める=市長告発も−阿久根市職員側(時事通信)

 懲戒免職処分を受けたものの裁判所が効力停止を決定した鹿児島県阿久根市の男性職員(45)に対し、竹原信一市長の意向に基づき市が給与を支払っていない問題で、職員の代理人弁護士が10日、債権差し押さえの強制執行を求める申立書を鹿児島地裁川内支部に送付した。弁護士は、近く同市と市長を労働基準法違反容疑で刑事告発するとしている。
 申立書で職員側は、同地裁が支払いを命じた給与などを市が支払っていないとして、市の口座から約220万円を差し押さえる命令を出すよう求めている。
 職員側は5日、市に催告書を郵送。催告書には、期日までに支払われなければ刑事告発も考えると記していた。 

【関連ニュース】
女性触った職員を懲戒免職=NHK
ほかの少年2人にもわいせつ行為=少年院教官を再逮捕
職員への給与支払い命じる=阿久根市の懲戒免職問題
海上保安官を懲戒免職=給食費など280万円着服
セクハラ教授を免職に=3年間繰り返す

<強盗>パチンコ店から2人組660万円奪う 千葉・白井(毎日新聞)
殺人容疑で夫を再逮捕=おので妻切り付ける−警視庁(時事通信)
暴追運動住民宅に銃弾=玄関などに6発−北九州(時事通信)
JR羽越線で停車駅通過=次駅に停車後気付く−新潟(時事通信)
夜間中学 91歳女性が卒業…戦災・震災乗り越え 神戸(毎日新聞)
- | 次の10件

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。